腸内環境と乳酸菌|正しい治療方法を見つけよう|自律神経失調症の治し方
レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

腸内環境と乳酸菌

栄養補助食品

乳酸菌が腸に与える影響

最近、腸内フローラという言葉をよく耳にする。乳酸菌が腸に与える影響について注目されることが多いためだ。乳酸菌が腸に与える影響について、大きく分けると2つのことが挙げられる。一つ目は整腸作用である。腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させることにより、腸内環境を整え、お腹の張りを抑えたり便秘や下痢の症状を改善したりすることができる。2つ目は免疫作用である。腸内環境を整えることにより、免疫力を上げ、風邪やインフルエンザを予防したり、花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状を改善したりする効果がある。乳酸菌サプリは 乳酸菌を手軽に摂取できる アイテムとして注目を集めている。 食品から様々な乳酸菌を摂取するのは難しく、また大量に摂取しなければならない。その点乳酸菌サプリは 自分に合った乳酸菌をきちんと摂取できる点において、とても優れている。

摂取の際に気をつけること

まず、乳酸菌サプリを摂取する際に。気をつけたいことがある。食物アレルギーだ。乳製品にアレルギーのある人は、動物性乳酸菌ではなく植物性由来の乳酸菌サプリを摂取すると安心である。また、アレルギーのない人でも過剰摂取には気をつけたい。効果を期待して大量にサプリメントを摂取すると、お腹が張ったり下痢を起こしたりする可能性がある。さらに自分に合った乳酸菌を摂取することも大切である。同じ乳酸菌を、同じ量、同じ期間摂取しても、 人によって効果の現れ方は違ってくる。また効果の感じ方も人それぞれなので、飲むのをすぐ やめてしまうのは避けたい。乳酸菌サプリを選ぶ際は、批評や口コミに左右されすぎず、自分で試してみることが大切である。また、現在飲んでいる薬などとの飲み合わせも考えた方が良い。